離婚 慰謝料 不倫

浮気が離婚の原因なら証拠集めは必須です。決定的証拠で離婚、慰謝料請求は有利に!

不倫(不貞行為)

離婚理由で、5番めに多い理由が、浮気、不倫(不貞行為)です。

 

不貞行為とは、配偶者以外と肉体的な関係をもつ事です。

 

不倫、浮気の証拠があれば、確実に慰謝料請求ができ慰謝料が認められます。

 

しかし、ダブル不倫など、両方が違法の行為をしている場合は、慰謝料の請求はできなくなります。
ですから、相手が浮気しているからと言って、自分もしてやれと、投げやりになりな行為は慎みましょう。

 

また、不倫の原因がもう一方にある場合は、相手がそれを理由として上げた場合は、慰謝料請求は難しくなります。

 

 

 

浮気、不倫の証拠があれば、離婚交渉、慰謝料請求が有利になります。

 

離婚するなら、浮気調査&証拠集めで離婚を有利に、慰謝料を確実に!

 

こちらに、相談してみて下さい。携帯からも通話料無料です。

 

>>24時間いつでもOK!匿名OK!相談無料です

 

 

 

 

関連ページ

慰謝料とは?
離婚で慰謝料請求できるのは?どういう時ですか? 離婚理由には、性格の不一致、DV、暴力、生活費を渡さない、精神的虐待、不倫、不貞、家庭放棄、異常性格、性的不調和、酒浸り・・・いろいろありますが、慰謝料請求できるのは・・・・
DVとは?
離婚理由で2番めに多いのがDV、暴力です。DVとはどんなものなのでしょうか?

トップページ